ホーム > ドッグフード > ドットわん > ドットわん豚ごはん
ドットわん豚ごはん

販売価格

1,728円(税128円)

購入数
  
» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)
商品のお問い合わせ友達にmailを送る

ドットわん豚ごはん

<トキワの豚>と<こめたま>を白米で一つにまとめた
最高の食材との出会いで生まれたフード

「ドットわん豚ごはん」の特徴
14種類の天然素材を活かした総合栄養食
∩悩爐岩手の大自然の中で育てられたトキワの豚」の母豚
J討鮨べて元気に走り回った鶏の卵「こめたま」を使用
す臉保存料・香料・着色料不使用
玄米の炊飯加工など手間をかけた下処理
Ε▲襯500g小包装の“使い切り”サイズ
含水率5%以下。保存料に頼らず賞味期限を延ばすため極限まだ水分を抜いています。

14種類の天然素材を組み合わせた総合栄養食。
肉なら肉そのままを、野菜なら野菜のそのままを食材として使用し、丁寧に調理することで、添加物を使わない総合栄養食ができないだろうか?
「ドットわん豚ごはん」はそんな思いから生まれました。
素材にとことんこだわる、それがドットわんごはんが大事にしているテーマのひとつ。日本各地の選りすぐりの14種類もの食材を調達して、それらを手間暇かけて調理し、素材の栄養素を組み合わせることによって、合成保存料・着色料を一切使わない総合栄養食を完成させました。

飼い主様もドットわんを感じてください。
ぜひ、「ドットわん豚ごはん」を手に取って余分な油分のない、さらさらとした手触りや、食材の香ばしい香りを感じてください。
香り・・・香料を使っていないので、食材が持つ自然な風味が生きています。
色味・・・着色料を使っていないので、それぞれの食材の色がきちんと見分けられます。
かたち・・・粒が不揃いなのは「加工」ではなく「調理」の証です。
手触り・・・油分による表面コーティングをしていないのでベトベト感がありません。

細かな気配りと自然の恵みで育つ「トキワの豚」
「トキワの豚」は成長時期に合わせて細かく豚舎を分けられ、それぞれに最適な飼育環境で育てられています。
また、冬には-15℃にまで気温が下がることもあるため日当りや風向きを考慮したカーテンの開け閉めなどの細かな気配りで飼育環境をコントロール。
また、岩手山の天然伏流水が飲み水というのも大きなポイントです。農場の敷地内から湧き出すこの水はバクテリアの働きによる良質化抜術を用い、ミネラルバランスをさらに優れたものに。農場内の全ての豚がこの天然伏流水を飲んでいます。

「ドットわん 豚ごはん」はこの大切に育てられた豚のなかでも特に大事に育てられた<母豚>を厳選!
‘母豚'は安全なお乳を出せるように子豚以上に上質な餌を与えられ、清潔な環境で幾度ものお産に耐えられる体力を持った健康的な豚です。そのため一般的な豚と違い脂身をほとんど持たず、赤身が多くしっかりした肉質が特徴。歯ごたえ・低カロリー・濃い味とワンコの喜ぶ三拍子が揃った素晴らしい食材です。
この‘母豚'が「ドットわん豚ごはん」クオリティーの決めてです!

玄米を食べて元気に走り回った鶏の卵トキワ養鶏の<こめたま>
一般的なブランド卵の鶏飼育方法として主流となっているのはトウモロコシを餌にケージ飼い。しかし、日本古来の方法をたどっていくと餌に玄米や米を与え、走り回れる環境で育てる平飼いという形態になります。
<こめたま>を産む鶏の飼育方法として採用したのがこの昔ながらの方法。そうして産まれた<こめたま>にはさわやかなレモンイエロー色の黄身とさっぱりとキレがよく、コクのある味わいという特徴があります。

そのままで、あるいは手作り食の素材として。
食材で作った自然食だから、いろんな与え方ができます。

)萋の食事として、そのまま与えるのはもちろん、しつけのおやつやご褒美として少しづつ与えるのもおすすめです。
⊆蟶遒蠢悩燹栄養補完食材として・・・「栄養バランスが心配」という手作り派の飼い主さんに、便利です。

原産国:日本
内容量:500g
粒の大きさ:小粒・直径約7mm

成分:粗タンパク質24.6%以上、粗脂肪12.7%以上、粗繊維1.0%以下、粗灰分4.0%以下、水分5.0%以下、代謝エネルギー(ME)357kcl/100g

原材料:玄米(山形産・減農薬米)、白米(福岡産・減農薬米)、ポークエキス(国産)、豚肉粉(国産)、鶏卵(青森産・トキワ養鶏)、豚肉(岩手産・薬師酪農)、ポークオイル(国産)、おから(埼玉産・神泉村)、豚レバー(国産)、カツオエキス(静岡産)、豚骨カルシウム(国産)、にんじん(千葉産地・減農薬)、菜種油(オーストラリア産・遺伝子組換えなし)、昆布(北海道産)、ビタミン類・ミネラル類(栄養添加物は総量の1.5%以内)


RSSATOM